星をみるひと <RPG>








伝説のクソゲ−と名高い『星をみるひと』





その噂は、決して大げさではありません





何がクソって







全部です











ファミ通の、やり込みゲーム大賞という企画をご存知でしょうか?





これは、"読者がゲームのやり込みを競い合い、その中で優れたものを表彰する"





と、いったものなのですが





ハッキリ言って、この企画、すさまじくレベルが高いです





たとえばドラクエで、レベル99、職業全部マスター、全アイテム収集してても見向きもしてくれません





その程度は当たり前の領域、やり込みのうちに入らないのです







このファミ通のやり込みは





ダビスタで、普通20才弱で死ぬ馬を64才まで生き長らえさせたり





FF5をレベル2とかでクリアしたり





ラストまでに軽く40時間は超えるゲームでも、なぜか3時間でクリアしたりしています








そんな、常人とは思えないこの企画





不思議と『星をみるひと』にいたっては、クリアするだけで表彰されます





しかも、プレステ全盛の頃に





それだけブッ飛んだゲームなんです












以下、画像を複数使っているので、全て読み込んでから先に進まれた方がいいと思います

















それでは、ザ・クソゲー『星をみるひと』です

































伝説の始まりです





主人公はなぜ闘うのか





この先、幾多の試練に耐えうるのか





そして、その果てに何を見るのか





いったい、どのような冒険が待ちかまえているのでしょう















さあ、堂々のオープニングが‥‥



















ない













アクションゲームですか













ストーリーを楽しむためのRPGとは思えぬ、投げっぱなしな幕開けです





むう‥‥

















ひとまずウロウロ











敵遭遇!



















名前:ふっかつしゃ









この『ふっかつしゃ』、今回一発目の敵にして





ゲーム中最強の魔法を使いやがります





ドラクエで言うと、スライムがメラゾ−マやイオナズンを使ってくるようなもんです





こんなヤツを相手にしたら、命がいくつあっても足りません







逃げましょう








































いや、逃げれない





















そもそも、逃げるって項目すらない





















勝てない相手と出会ったら最期





主人公が死ぬまで、闘いを見届けなければなりません





しかも、全滅しようものならゲームは最初からです





生き返ることなんざ出来ません





初めて敵に出会う時点で、かなり運に左右されます





無事、一回の戦闘を終えても、次の戦闘でどうなるか分からない所もスゴイです





なかなかのマゾゲーです









と、いうわけでリセット


















オープニングがないので、あっという間にさっきの状態に追いつけます

















あー、なるほど、そういうことか!



















そうか、オープニングがないのは、このためなのか! !























死んで終わるハメになっても、速攻でやり直せますってことか! !

























頼むから、逃げるの項目作れ





















気を取り直して戦闘

















名前:さらまんど











こいつなら、ギリギリやれそうです





主人公の攻撃





くらえ、どるぁッ!!







1のダメージ





よわっ












次は、相手の攻撃です















主人公のHP5














敵の攻撃、12のダメージを受けた























結果




主人公のHP3





















説明書のないオレには

もう全然意味が分かりません
























なんで死なないですか






















もういっちょ、主人公の攻撃





1のダメージ





よわっ























『さらまんど』は、ハイパーを使いダメージを回復した














か、勝てる気がしねぇ‥‥





虚弱な主人公に対し、一分の隙も与えぬ鉄壁さです














え〜い!主人公の攻撃





1のダメージ











『さらまんど』の攻撃








『さらまんど』は、かりうを投げつけた

みなみは、身体中に寒気がおそった









‥‥かりう?





かりうってなんですか?





聞き慣れない単語です





ゲーム的なネーミングならば火竜っぽいですが、寒気がおそうものらしいですし‥‥







う〜ん‥‥かりう‥‥‥









カリウ‥‥‥














‥‥カリウム?
















カリウム
熱交換媒体として原子炉の冷却剤などに、カリウム-ナトリウム合金が使われる。
なお、金属カリウムを主成分とした合金では、-78度の最も低い融点を持つ金属が知られている。
−wikipediaより











おお、これくさい!












カリウム投げてくるモンスターもどうかと思いますが





たぶんコレかな





















主人公の攻撃
















みなみは、病気で動けない









ああ、そうそう、ちなみにコレ、1ターン動けないんじゃなくて





















一生動けません



















またしても、死ぬまで戦闘を見届けなければなりません









と、いう訳で


















もう、イヤです







戦闘は、後回しにして町や村でも探しましょう





どこだ、どこにあるんだ最初の町〜‥‥




















あった

















ここに























分かるか

















何もないじゃないか、ここ





おもいっきり上に向かって進んでたよ





とりあえず、入り口の老人に話しかけてみます














老人「マムスの村へ、ようこそ。ここにいれば安全です。」







気づかず入ってしまいましたが、安全だそうです





そもそも、なぜ村が見えないのか





かなり釈然としません





納得いきません










だが、大丈夫!












下にいた村娘が疑問に答えてくれました















この謎がすべて解き明かされます






















村娘「村の姿が見えないのは、みんなの力を合わせて姿を消しているからです。」














テキトーに答えるな















原理がまったく分かりません





どうやってやってるんだ





‥‥自分には、こう、すごく後付けされたようなセリフに聞こえます





村が隠れてるとか、とてもゲーム一発目にやることじゃないですし





「なんか、村の画像出てこないから、こういう設定にしとこうか」みたいな





そんな投げっぱなしな制作側の空気が伝わってきます





自分もそういうタイプなので、すごく気持ちは分かります





まあ、いいです。続きといきます











・・・・・・





‥‥う〜ん、しかし、この村には、とくに何もないです





武器屋や道具屋といったものがありますが、無一文の主人公にはどうしようもない状態‥‥





そういう訳で、早くも次の町へ旅立ちましょう























上に発見、次の町







‥‥町?









町なのか、これ?











まあ、いいや、入ります



















おお、ちゃんと町でした









さっきの村で得た情報によると、ここでは病気が流行っているとのこと





当面の目標は、彼らを病から救うことなんでしょう













右のほうに怪しい老人発見







でも、現時点では壁が邪魔して会うことはできないようです





たぶん、話が進むと会話できるようになるんだと思います





早く会って話をしたい所ですが





今回は、下にいる老人で我慢しましょう





それでは、話しかけます

















え〜っと、なになに?





老人「熱が出て苦しい。」





























帰って寝れ




















さすが、病が流行ってる地域





病人も普通に生活をしています











しかし、先ほどの村で








老人「もう一つの村デウスのみんなは、なぞの病気で倒れている。」









とか言われたものの








誰ひとり倒れてなかったのはさておき








こんな所に長居はしたくありません





さっさとレベル上げもしたいですし





それでは、外へ


































・・・・・・・・


















‥‥え〜っと、ですね























オレは、ここの村に入ってきたのに





















なぜ、ここに出てくる
















スタート地点じゃないですか














意味が分からん


















本当に意味が分からん













理由:『星をみるひと』だから





あー














ひとまず、頑張ってレベル上げです





現在のパラメーター
















レベル0ですね





0スタートです





さすが、ヘナチョコ主人公





あの弱さにも納得がいきます





とにかく、ここは一心不乱にレベル上げと行きます





頑張ります














うおおおおッッッ!!

















・・・・・




















・・・・・・・・























・・・・・・・・・・・・























やった!レベルが上がった!!

















『MAXひっと』が、いきなり三倍です









上がり方がテキトーです





しかも、こんなに簡単にレベルアップとかいってますが





ここまでの間





20回は死んでます





やっと、上がったレベル





ここで、死んで終わらせたくないので





パスワードをメモっときます

















GYAAA AA・・・・っと





よっし!これで安心です





ここまでの記録が刻まれました!!





今日は、ここまで








明日、また頑張りましょう!















ちょっとずつでも、一歩一歩踏み出していきます!



























‥‥次の日





それでは、昨日の記録を呼び覚まします





パスワードの打ち間違いがないよう





一つ一つ丁寧に打ち込んでいきます











それじゃ、スタートぅ!!















































レベル下がってるんですけど






















この調子じゃ、ほぼ間違いなく第ニ部に進行しそうにないけど





一応、第一部完‥‥



トップへ