閉塞性動脈硬化症

1)閉塞性動脈硬化症とは、

動脈硬化が進行し、特に下肢の動脈が狭窄や閉塞をおこして足に血液が
流れにくくなり、足のしびれ、冷感や間歇性跛行(歩いていると足の痛みが
出てくるがしばらく休むとまた歩ける)などの症状が出現してくる病気です。


2)症状

症状の程度により4段階に分かれます(Fontaineの分類)。
T度 :無症状または冷感、しびれ感
U度 :間歇性跛行
      歩いていると足の痛みが出てきて歩けないが、しばらく休むと
      歩けるようになる。
      病気の進行とともに歩ける距離が短くなってきます。
V度 :安静時疼痛
      安静にしていても足の先などに痛みがでて夜間などは眠れなく
      なります。
W度 :潰瘍、壊死
      血管の閉塞が高度になり、足に潰瘍、壊死をきたしてきます。


3)治療

治療には、保存的療法(薬物療法、運動療法)、血管インターベンション、
       手術療法があります。
1、保存的療法(薬物療法、運動療法)
2、血管インターベンション
   a)経皮的血管拡張術(PTA)
     狭窄や閉塞が短いものには血管のなかに風船のついたカテーテル
     を入れ、病変部で風船をふくらませて血管を拡張します。
   b)ステント療法
     PTAの風船でふくらませた後伸展性のある金属性の管を病変部に
     入れて拡張します。
3、手術療法
     狭窄や閉塞部が長いときには、人工血管や自分の静脈を用いて
     のバイパス手術がおもに行なわれます。


4)治療法の選択

 治療法は一般に症状の程度(Fontaine分類)で選ばれます。
T度 :薬物療法と運動療法
U度 :薬物療法と運動療法
     歩行距離が日常生活に困るようなら、血管インターベンションや
     手術療法も適応となります。
V、W度 :重要虚血肢で手術療法が適応となります。

5)症例提示    
  
 a) 59歳、男性  右総腸骨動脈閉塞、左総腸骨動脈狭窄で間歇性跛行の症状。
          手術は血栓内膜摘除術(TEA)を行なった。    











     
      
       術前血管造影                術後MRI血管造影


 b ) 症例71歳、男性、右浅大腿動脈閉塞で間歇性跛行の症状。
       手術は人工血管バイパス(大腿ー膝窩動脈バイパス)を行なった。












  


   

      術前MRI血管造影            術後MRI血管造影
     (右浅大腿動脈閉塞)           (人工血管バイパス)                   

 c ) 症例84歳、男性、左腸骨動脈閉塞で間歇性跛行の症状。高齢のために
      手術は人工血管バイパス(大腿ー大腿動脈バイパス)をおこなった。 
                              
  











   
    術前MRI血管造影                 術後MRI血管造影   
   (左外腸骨動脈閉塞)               (人工血管バイパス術)