現在、ミネラルウォーターはさまざまなものが販売されています。
しかし、あなたはそのミネラルウォーターがどんな成分で、どんな特徴があるのかわかって使われていますか?
「水道水」より美味しいから、○○の水なら安心だから・・・といったことだけで使われていませんか?

ミネラルウォーターといってもカルシウムやマグネシウムといったミネラル成分の含有量やバランスは、商品によって性格が全くといっていいほど違います。しかし、カルシウムがいくつ、マグネシウムがいくつ・・・と言われてもよくわからない方がほとんどだと思います。そういう人にもわかり易い基準となるものに「硬度」があります。

「硬度」はその水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を数値化したもので、低いものが「軟水」、高いものが「硬水」と呼ばれます。一般的に日本では硬度100未満のものが「軟水」、硬度100〜300程度のものを中硬水、それ以上の硬度のものを硬水と呼んでいます。(※理化学辞典では硬度178未満を軟水、硬度178以上357未満を中間の水、357以上を硬水としています。)

硬度を目安にすると味の違いだけでなくミネラルウォーターの賢い使い方ができます。そのまま飲む場合、一般的に軟水は軽く軟らかい口当たりです。硬水は重くコクのある味わいを楽しむことができます。軟水を飲みなれている日本人には、ミネラル含有量が高くない軟水が飲みやすく感じます。

料理などの用途にはどうでしょう。軟水の日本で培われた文化である日本料理や緑茶などには軟水が適しています。反対に硬水を使うとご飯がパサパサになったり、素材の風味を邪魔したり、緑茶などは風味が出なかったりします。また中硬水はアクを取ったりする洋風だしや煮込み料理に適しています。軟水ですと余計な風味まででてしまったりします。また硬水は料理全般には不向きです。ミネラル補給や便秘解消、ダイエットなどに飲むと最適です。ただし硬水は使い方を間違うとお腹を壊したりするので自分の用途に合うのかどうか確認して使いましょう。

ナチュラルミネラルウォーター「奥大山」は、国立公園大山の標高1,200mにある人の立ち入ることのない西日本最大級といわれる大山のブナの原生林から湧き出す採水地環境の良い天然水です。硬度12の軟水ですから口当たりの軟らかいすっきりとしたミネラルバランスの良い水です。用途としては素材の風味を引き出す料理に最適です。特に緑茶や紅茶、コーヒー、水割り用の水、炊飯や和風だし用の水などにオススメ。また、軟水の中でも硬度が低いため、栄養成分の変化する心配がないですから赤ちゃんのミルク用や薬の飲み水に最適です。つまり、赤ん坊からお年寄りまで安心してお飲みいただけるおいしい水なのです。